今見てくれてる人の数

ホンキートンク・スーダラブルース

ゆるコラム、oF、邦ロックや歌謡曲、小説の感想。ドラクエ、JavaScript、ドラゴンボール超など。湘南あたりを転がってる石コロのゆるゆる生きてく超雑多な軌跡です。

never young beach(ネバーヤングビーチ)ネバヤンが良い!「西海岸のはっぴいえんど」

ネバーヤングビーチというバンドが良いです!

なんというか「はっぴいえんど」を現代風にして、カルフォルニアの風を纏わせたような感じです!70年代J-POPサウンドを現代にアップデート。

とにかく聞いてちょ!

 

PVが64の初代スマブラから始まったりしますw

f:id:sudara_bluse:20171111081837p:plain

 

ジャケットも可愛い!^^

f:id:sudara_bluse:20171107014532j:plain

 

あまり行かない喫茶店で

 

飲めない珈琲 飲み干して僕は
大人になった 気分でいるんだ
お店を出れば 雨が上がって
路面電車が 走り出す

あなたと二人 街を出ようか
小さな家を買って
部屋にはピンクの ペンキを塗って
庭には犬を 走らせよう

 

なんかちょっぴりサニーデイ・サービスっぽさもあって好きです。 

 

 

 

SURELY

 

あくびをしてたら 優しい風が吹いた
悩ましい僕らの日々は転がって
魔法のメロディ 笑顔を見せてくれ
溶け出したバターは僕らを連れて行く

広がる青空 脱げたサンダルはどこかへいった
素直な気持ちのまま 君を抱きしめ キスをしよう

 

なんか、気楽であんまり湿気がないんですよね。

イーグルスっぽいというか!力まず爽やかな気持ちになれます。^^

しばらくはこの人たち聴いて過ごそうかな〜。

 

全曲通してポジティブな歌詞が歌われているというのもこのバンドの良さの一つです。ネガティブな言葉が一切ない理由について以前ボーカルの安部さんがインタビュー。

 

ネガティブなことって、歌っていて感情が入りやすいんですけど、単純に今の僕はそういう歌を歌いたくない。

(中略)
前のバンドは、日々不満ばかりあって、「なんでだよ!」っていう感情を歌に乗せていた。でも、自分からちゃんとアクションを起こして、自分で自分の日常を楽しくすればいいんだなって思うようになったから、それを歌っていこうと思うようになりました。結局は「何事も自分次第でしょ」って思うんですよね。

 

 

 

お別れの歌

小松菜奈さん が彼女役で出演!デートムービーになってます(;;)

まず3分間くらい思い出映像です笑

いつかまた会えたら
聴いてはくれないか
陽気な歌でも歌うから
愛していたよ

ってポジティブに昇華するとこが良いですね^^

 

あー 君には 言えやしないよ
あー 君の目を ちゃんと見て話したいよ

うまくは言えないが
聞いてはくれないか
眠れない夜が増えてきた
僕はダメだな

あー 君の前で泣きたくないよ
あー 君の目をちゃんと見て話したいよ

お別れのときだよ
君とはいれないか
2人だけの秘密は全部
日々に溶けたよ

いつかまた会えたら
聴いてはくれないか
陽気な歌でも歌うから
愛していたよ

 

 

明るい未来の話

 

 あと、

 なんと安部 勇磨 (アベユウマ)ボーカルギター の兄は 俳優の高橋一生だそうです。

驚き!

 

以上、never young beach(ネバーヤングビーチ)でした!

竹原ピストルさんばっかり聴いて考え込んでたので(それはそれで素晴らしい)

しばらくネバヤン聴いて、爽やかライフします!おすすめ!