今見てくれてる人の数

ホンキートンク・スーダラブルース

ゆるコラム、oF、邦ロックや歌謡曲、小説の感想。ドラクエ、JavaScript、ドラゴンボール超など。湘南あたりを転がってる石コロのゆるゆる生きてく超雑多な軌跡です。

私はいつも夜だった。だけど、暗くはなかった。 白夜行 / 東野 圭吾 を読んだ。

f:id:sudara_bluse:20180603081029j:plain

 

流星の絆」がめちゃめちゃ面白いかったので、

東野 圭吾さんをリスペクトし、有名なこちら「白夜行」も読んでみました。

 

かなりボリューミーでしたが、やはり面白かった。個人的には流星の絆の方が

好きだったけど、こちらも名作だと言われているのが納得できました。

 

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

 

被害者の息子・頭のキレる桐原亮司の影の人生。

容疑者の娘・才色兼備の西本雪穂の明るい人生。

 

一見真逆の人生のように見えますが、二人の人生は大きな繋がりがありました。

雪穂の周りで毎回起こる、様々な事件の描写が面白いです。

 

そして最後は、感動や悲しみではなく、

言葉にできない、愛なのかいたわりなのか、守っていたのか、

僕の持っている言葉にはない、不思議な気持ちに包まれます。

 

かなり長編なので体力がある方はオススメです。

でも後悔はしないと思います。