今見てくれてる人の数

ホンキートンク・スーダラブルース

ゆるコラム、oF、邦ロックや歌謡曲、小説の感想。ドラクエ、JavaScript、ドラゴンボール超など。湘南あたりを転がってる石コロのゆるゆる生きてく超雑多な軌跡です。

【本の感想】ナラタージュ 普通の女子大学生の、人生で一番好きな人との痛く激しい恋物語。

f:id:sudara_bluse:20180428100521j:plain

久々にいい本を読んだ。

映画が観たくてDVDのレンタル開始を待っていたけど、

待ちきれなくて小説を読んで観た。

www.youtube.com

 

俺はこういうなんていうか「ノルウェイの森」的な

超モラトリアムな世界観が好物なのだが、

この作品は、

普通の女子大学生の、もう二度とない痛く激しい恋。

青春を一番好きな人に捧げ、最悪に傷ついた。けど幸福だった

話だと思う。

 

一言でいうとメンヘラ達が恋して、色々事件もあって、

心に残った「おセンチなあの頃の日々」という話っす。

 

ダメの人は本当にだめだと思う笑

 

けど俺は最高に好きだった。

なぜなら俺もちょっぴりちょっぴりだけ、

おセンチメンヘラ気質だから笑

 

あらすじ

お願いだから私を壊して、帰れないところまで連れていって見捨てて、あなたにはそうする義務がある―大学二年の春、母校の演劇部顧問で、思いを寄せていた葉山先生から電話がかかってきた。泉はときめきと同時に、卒業前のある出来事を思い出す。後輩たちの舞台に客演を頼まれた彼女は、先生への思いを再認識する。そして彼の中にも、消せない炎がまぎれもなくあることを知った泉は―。早熟の天才少女小説家、若き日の絶唱ともいえる恋愛文学。

 

映画の主題歌「ナラタージュ」がいい曲でオススメっす!

ラッドウィンプスの野田さんが書いたらしい。

 

www.youtube.com

 

こんな詩と曲が書けたら心がイケメンだ

ラッドは自分達だと世界観がありすぎるから曲提供もかなり才能あるのでは?と思った