今見てくれてる人の数

ホンキートンク・スーダラブルース

ゆるコラム、oF、邦ロックや歌謡曲、小説の感想。ドラクエ、JavaScript、ドラゴンボール超など。湘南あたりを転がってる石コロのゆるゆる生きてく超雑多な軌跡です。

4、変数とif文【プログラミング経験者が 子供たちに Scratch スクラッチ で プログラミングを教えよう 】

こちらが教材

 

クラッチ覚えようシリーズ。

今回は変数とif文です。

sudara-bluse.hatenablog.com

 

1、変数

まず変数カテゴリの「新しい変数を作る」をクリック。

f:id:sudara_bluse:20180321093103p:plain

変数名をつけます。

f:id:sudara_bluse:20180321093132p:plain

すると画面左上に表示されます。

f:id:sudara_bluse:20180321093201p:plain

あとはインクリメントしたり好きなようにブロックを組み合わせて処理を作ってみましょう。

f:id:sudara_bluse:20180321093241p:plain

 

ちなみに「鳴いた回数」とにゃーと言うのところは

演算ブロックを使います!

f:id:sudara_bluse:20180321093336p:plain

 

だんだんスクラッチに慣れてきたぞ!

 

 

 

2、if文

先ほどのスケッチの一部分を使おうと思います。

if文は制御ブロックの中にあります。

f:id:sudara_bluse:20180321094011p:plain

条件を作るのは演算ブロックの中の<>の形のブロックを使います。

f:id:sudara_bluse:20180321094052p:plain

今回は鳴いた数変数 == 5 という場合です。

 

そしていつも通りブロックを組み合わせて処理を作ります。

 

f:id:sudara_bluse:20180321094153p:plain

 

カウントが5になったら「5にゃー」と言う処理を作りました。

画像や音楽と組み合わせれば色々できそうですね!

 

続く。

 

 

f:id:sudara_bluse:20180320092023p:plain